腰痛は安静にしていても突然復活する

色んな方々が腰痛に悩んでいると思いますが、私もそんな腰痛持ちの一人であり腰椎分離症でもあります。
私の場合、重い物を持つ重労働な仕事をしていますのでそれが悪化して当たり前な部分もありますが大黒柱な為そうも言っていられません。
事務の仕事だけでは食べていけませんので、ボロい身体にムチをうち頑張っています。
その頑張りには下半身の痺れと共に筋肉の痛みがやってきます、この症状は就寝時になる事が多いのですが下手すれば寝られない事もしばしばです。
大体は翌朝治っているのですが、中々回復しない時は腰が悪くなる予兆でもあります。
そんな時は気鬱になって仕方がないのですね、中々思うように気持ちが上がりませんから。
中年期でもあるので更年期症状と共にその痛みは悪化していきます。
ですので私は身体の中から元気になりたいと鍼治療をしています。
先生に色々お聞きしながら筋肉の痛みや痺れは血行不良もあるとの事、そして私の場合疲労が溜まっているので少し多めに休む事を指示されています。
私の場合、更年期による不眠で入眠障害や夜中の覚醒もありますので中々長時間寝られる事が少ないので余計に身体に負担が掛かっているんだろうと思うのです。
寝ているつもりでも翌日身体がかなり重たかったりすることも多いですので、少し気分転換をしなければと好きな趣味を見つけながら、心身ともに元気にならなければと腰痛も自身の身体の個性と受け止められるようになってきているのです。
治る事のない腰椎分離症の腰痛の痛みと向き合うのは時にしんどく涙がでてきますが、それに負ける事なく自身の症状と向き合う姿勢が何より日々を充実させるのには大切な事なのではないのでしょうか?疲れたら休む、仕事をしたらストレッチをする。
程よく気分転換をしながら気持ち元気に過ごせる環境を作る、その気持ちが次の何かへ繋がるような気がしますし、気持ち次第でどうにでもなるような気がいましているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です