腰痛対策ができるグッズとお金をかけずに対策する方法

椅子が原因で患ってしまった腰痛のこと

以前から某通販サイトで買った安価な椅子に座っていました。その椅子がふとしたはずみにバキンと音をたて、どこかが割れてしまったようなのです。(これは私の体重が問題だったのかもしれませんが…)それでも代わりの椅子を買ったりせずに、ケチってそのまま使っていたのですが、思わぬ「痛い」結果になってしまいました。腰が痛むようになってしまったのです。「腰」という漢字がにくづきに「要」と書くことからも分かる通り、腰は人間の肉体にとっては真ん中にある、まさに「要」の場所。ここを痛めてしまうということがどういう災いか、なってみるまでは全く想像もできなかったのですが…。

腰痛治った

よく聞く「ギックリ腰」というのは、本当に突然に何の前触れもなくなるものです。私の場合は冷蔵庫の下のほうにしまってある牛乳を取ろうとしてふいになりました。昼のうちは「あれ、少し痛いかな?」という程度でしたが、徐々にしびれだし夜にはまったく立てなくなってしまい、慌てて救急車を呼ぶような事態にまでなってしまいました。(ぎっくり腰になってしまった場合には救急車を呼ぶよりも、湿布して安静にしておいたほうがいいという事は後で知りましたが)腰が痛むと寝返りさえ困難です。湿布と腰の固定バンドの装着を欠かさずに3日ほど経って、やっとゆっくり階段を登り降りできるようになったほどです。それまでは飲食も、トイレさえも難しい有様です。そんな腰痛を救ってくれたのが最安値で購入したモットンのマットレスでした。外出してやっと食料を買いに行けたとしても当然すぐ近くのコンビニで、しかも軽いものしか買うことは出来ません。幸いにも協力してくれる友人が近くにいた為、助けられましたが…もしも一人であのような事態になったとしたら、なんて考えたくもありません。安価で自分に合わない椅子に座り続けていたことが腰を痛めてしまった原因だったのかは証明することは出来ませんが、ぎっくり腰や腰痛は何度も起きてしまうと癖になるという話も聞きます。パソコンで仕事をされている方などには特に椅子は安心して座れる自分に合うものをお薦めしたいです。

しかし、椅子もそうですしマットレスもそうですが、購入するときに必ず注意しておかなければならないことが2つあります。
まず個人情報の寒天です。金融庁も下記の通り勧告しています。

個人情報保護法の体系では、「
個人情報の保護に関する法
律」(以下「個人情報保護法」)及び
同法施行令、「金融分野における個人情報保護に関するガ
イドライン」(以下「ガイドライン」)、及
び「金融分野における個人情報保護に関するガイドラインの安全管理措置等についての実務指
針」(以下「実務指針」)があり、適用対象は基本的に
「個人情報取扱事業者」で、主に「個人デー
タ」の管理・利用に関する規定が定められています。
引用:金融機関における個人情報保護に関するQ&A-金融庁

また、そのほかにも出来る限り安い値段で買う事も重要です。お金が浮けばその分を他の腰痛グッズの購入に回せますからね。
当サイトでも案内しているモットンのマットレスサイトではこのように書かれていました。

仕事中に腰に痛みが走ったと思ったら、まず無理をしないようにしています。そして同僚にその旨話して、負担がかかることをしないようにしています。もちろん同僚が調子が悪い場合はかわってあげたりともちつもたれつの仕事をするようにしています。そして少しでも調子が悪いと、私は近くの整体へ行ってマッサージをしてもらったり、モットンで昼寝や終身をしてみたり、腰痛ベルトを着用したりと自分の腰の様子を見ながら過ごしています。
引用:モットンと腰痛ベルトで腰をカバーしていますーモットン最安値.com

このようにモットンを安く購入する事で他のグッズも購入する事ができますし効果も倍増です。

また、お金をかけずに腰痛対策をしていく方法もあります。

解説します。

腰痛とゴルフのパターの姿勢とスイングの動作との因果関係って?

尾崎将司、岡本綾子、湯原信光、金井清一、村上隆など、一流のプロゴルファーで腰痛が持病の人は意外に多いと思います。専属のトレーナーがついて筋力アップをしているプロのゴルファーがこのような実情です。この実態を見ると、ゴルフというスポーツには、腰に負担がかかる特徴的な動きがあるのだと思います。
そこでゴルフをする時の動きを考えてみました。一つはパターの姿勢、二つめはスイングの動作です。この動作に加えるとしたらボールを拾う動作と、歩くことですが日常的なことですから、とりあえずこの二つについて考えてみましょう。
※パターの姿勢は中腰の姿勢を保ち目線はカップに向いている。
■パターの姿勢の時腰が重くなった?、ギックリ腰になる原因
1)足(下肢)の筋肉のパワー不足
2)ヘッドアップして目線がカップに向くので身体の動きがギクシャクする。
■腰に負担のかからない正しいパターの姿勢
1)つま先を平行にして体重は足(下肢)親指の付け根に乗せる。
右利きの人は幾分左足に体重を多くのせる。左利きの人はその反対で右足(下肢に体重を多くのせる。
※1)の理由:体重移動の時、身体のブレが無くなる。
2)両膝を軽く曲げる。さらにお尻は後ろに引き気味にする。
※2)の理由:重心が安定して腰の負担も最低になる。
3)頭をうなだれないこと。
※3)の理由:スコアが悪くなると、気持ちが沈み、うなだれがちになるがフォームがくずれて身体もスコアも悪くなる。
■正しいバッティングの姿勢
1)体重をねじる側の足に乗せること。
2)右利きの人が右スイングでひねるバックスイングでは、自然な動きとして正中線より少し右に頭がぶれるのが正解です。身体の重心はこの時右足に多く乗っている。フルスイングのとき右足から左足に体重が移動するといい。つま先は平行のままです。
3)例外:身体の固い人はつま先を少し開いてもいい。ただし足の親指の付け根に体重をのせることを忘れないこと。
■ゴルフではグリップを握るとき、何故人差し指は遊ばせるのか?
※力むと必ず人さし指に力が入る。この指の力が抜けないと腰の切れが悪くなり、身体のあちこちにダメージがかかり易くなる。
■プレーの後身体を手入れする方法
※右利きの人は、右肩が下がり、腰も右の腰を痛める人が多い。
この様なことにならない為にグリップを握ることからスタンスまでをすべて順番を逆にしてそれを繰り返す。また、スイングもいつもの逆スイングをして身体全体を修服することがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です